今に始まったことではありませんが、
生まれた子供に当たり前の名前をつける親を「やっている」人って、
相変わらず少ないように感じますね。

 

その「当たり前」という意味自体、
今では通じなくなっているようですけれども。

 

なんて読むのかまるでわからない名前って、
付けられた側のこと、付けた側は考えているのでしょうかね。

 

 

お子さんが生まれた時、お世辞にも
「いい名前ですね〜」
などと決して言えない名づけをする人の気が、
わたしにはさっぱりわかりません。

 

そういうところで差別化を図ろうとするのか、
個性を強調したいのか、
意味がわからないのです。

 

自分の知人のような人にもそういう人はいて、
やたらと難しい漢字をあてたり、
漢字の意味をまるで考えていないとしか思えない字を組み合わせたり、
読み自体がおかしな響きだったりなど、
子供の将来考えてます?と
余計なお世話ですが言いたくなってしまうわけです。

名前もシンプルが良いと思いますが。

今は奇抜な名前と古風な名前の二極化が進んでいるらしいですね。

 

わたしは人間が古いと自覚があるので、
古風な名前の方に好感を持っています。

 

いつも思うのですが、
赤ん坊の状態で人間は生まれてきますけれども
誰だって年を重ねていくわけです。

 

たとえば、赤ちゃんの時や幼児の時までは
「子供らしくてかわいくていいね〜」
と言える名前でも、
その人が成長した時にそれで通用するのかと
そこまで考えているのかと思いたくなる名前を耳にするわけですね。

 

「子供の状態に留めておく」のを
名前から固めるような仕打ち
って、
おおげさですが虐待にならないのでしょうかね。

 

 

 

完全な当て字ではなく
一見、当たり前の漢字の組み合わせのように見えても、
「それどういう意味なの?」
と、聞いたら気まずくなりそうな名前をつける人の実例から、
近ごろでは自分から名前を伺うのを控えるようにしています。

 

すべてではなくだいたいにおいて、ですが、
漢字の意味を考えていないと思われる人は、
「完成」した名前にルビを振った状態で教えてくれることが多く
自分たちにしか読めないと自覚があるんだろうなと思うわけです。

 

もしくは、
名付けた側が単に好みというだけの理由で漢字を組み合わせて、
見た目のみのバランスを整えた
と思っているのだろうなと思いますが。

 

いずれにしても考えすぎでしょうか。
考えていないから、
キテレツな名前をつける親を「やっている人」が
あとを絶たないのだと思いますのでね。

 

 

自分の名前を名乗る必要がある時、
漢字であれば連想しやすい単語や一般名詞を引用して
伝えることが多いと思います。

 

でも初見で読めない名前を持つ人は、
本人にしかわからない苦労があると思うのですよね。

 

音訓の違いで読み違えられることはあっても、
他人が「そもそも読めない」状態が基本って、
そういう名前を持つ人にとっては切ないだろうと思うのです。

 

 

名前はシンプルな方が人生に有利に働くそうですしね。

 

他人と重ならないように凝るのはご自由ですが、
親の常識を図られるものということも知っておく方が良いのでは
なんて思ってしまいました。

 

 

 


 
TOP プロフィール お問い合わせ 全記事一覧 お勧め教材