誰が決めたのか知りませんが、
「結婚したら家を買う」
の刷り込みを、いまだに実践するカップルは思いのほか多いようですね。

 

自分たちが買いたいから「家を買う」
のではなく、
「買わないといけない」
と思い込んでいるからなのか、
結婚とセットにするのが根強い考え方のようです。

 

「そうするものだから」の刷り込みは恐ろしいですね。

 

あるもので間に合わせたらいいじゃないのかと思うのですが、
環境を変える・立場が変わるとなると
なんでも「新しいもの」に変えたくなるのでしょうか。

 

盛大なムダをするんだな、
できるんだからスゴイなとは思いますね。
余計なお世話ですけれども。

35年借金って、意味わかってますか?

いつだったか飲みに行っていた時のことです。

 

最近ご結婚されたある知人のことを、
その人を知る人たちがたむろってあれこれ勝手な話をしていたのを
チラ聞きしてしまったセリフは以下です。

 

「〇〇はこれから家を建てるんだってね。
〇〇も35年ローンか〜」

 

このセリフは、
他人だから無責任に、しかも簡単に言えてしまう
というのもあるでしょうね。

 

でも、その言葉の重みを少しも考えていないように聞こえたことに、
他人事ながらわたしは恐ろしくなりましたね。

 

この人たちは特に、
実際どうか知りませんがおそらくウワサの本人も、
借金背負うのなんてごく当たり前のこと
結婚したのならなおのこと

とでも思っているとしか感じられなかったのです。

 

 

確かに家を買うとなると現金で、というのは
なかなかムリがある話なのは当たり前のことですが。

 

でもマジメに勤めたところで給料も上がらないような時代に、
そんな借金背負ってこれからどうしようというのでしょうね。

 

先に出てきた人たちは、
おそらくわたしと同年代と言ってもいい年代の人たちでした。

 

なので自分たちの親以上の世代でようやく
「それが普通」
となっていた価値観や考え方を、
そのまま後生大事に持ち続けていることになるのでしょう。

 

よほど余裕があるのか、
周りを見ていないのか。

 

見ていたところで
「周りがやっているんだから自分もやる」
「周りができているんだから自分もできるはず」

と、無根拠に思っているのでしょうね。

 

周りを基準にしたりアテにしたところで、
自分でその選択をしたら自分で算段しないとどうにもなりませんよ
と、わかりそうなものなんですけれどもね・・・。

 

かわいいですがこんなわかりやすいイラストまであるというのに。

 

 

ちなみにわたしは借金が大嫌いです。

 

笑う人には笑われるかもしれませんが、
買い物をする時はほぼ現金でします。

 

食品以外の買い物はほぼネットでですが、
代引きができる場合は迷わずそれを選びます。

 

わたしのような人間にはありがたいのですが、
手数料を取らないところなんていくらもありますからね。
商品をそういうところから選べば大して足が出ませんね。

 

カード決済しかできない場合は、
自分でひと月の購入の限度額を決めていて、
それを越えないようにしています。

 

分際に合わない買い物はしない
と決めて実践すると、
周りになんて振り回されなくなるんですけれどもね。

35年借金の支払いの「協力」を親に頼む人

ところで。

 

結婚して家を買う場面でこそ、
親離れ子離れできない人間の本領が発揮されるのでしょうね。

 

 

自分の実際の知人にもいました。

 

もともと、せっかく別に住んでいたのに、
一人っ子の息子を呼び戻したいばかりの義理の親に
折れたかっこうの人がいます。

 

同居を条件に二世帯住宅を建てて、その支払いを親子でする
という話です。

 

なんだか、筋が通っていそうでまるでわからないです。

 

かわいい息子が帰ってくるための新しい家を建ててやって、
帰ってきてくれていいわいいわで、
親の方が支払いの大きな割合を占めていそうな感、
満載ですね。

 

 

昔、わたしの身の上にも似たような話がありました。

 

親が長男と「一生一緒に暮らす」の大前提で新築したのは、
二世帯住宅なんて生やさしいものではなく、
玄関水回り、リビング一つの完全な一世帯住宅という代物で。

 

そこに長男が結婚したら当たり前のように同居になる、
まぁそれは当たり前ですね。
親が一緒に暮らさせるのを前提で建て替えたらしいですので。

 

勝手に親が建て替えたクセに、支払いは息子と折半。
その期間、35年。
出ました、ここでも35年ローンです。

 

「ママ大好き」なあまり、
後先考えられる頭を持っていなかったのだろうその息子は、
一生親の家に縛り付けられるのを「良し」としていたのですから、
他人にとってはたまりませんよね。

 

周りからの懸命な説得があったのと、
自分の身の危険を察したのとで、
わたしは未遂で逃げ出すことができましたが。

 

 

また、聞いた話では、
先ほどと同じような35年ローンを子供夫婦が組んで、
その支払いを当て込んだ親との同居というものがありました。

 

「家を買いましたので、協力して欲しいのです」
と親御さんにお願いしたとかいう話でした。

 

「協力」って、便利な言葉ですね。
「援助」の間違いだろうに。

 

その支払いのために親は退職金のかなりを割いて、
子供に「協力」なさっているんだとか。

 

それが親子そろって「当たり前」と思っているのが、
現代では「一般的」なんだそうです。

 

わたし個人的には、
できない買い物はするものじゃない
って、たしなめるのが親な気がするのですね。

 

 

「当然」と思っているのって、
どうなんですか。

 

親御さんは逆にその先、子供を当て込むんでしょうか。
子供の方はこの先も親のスネかじりを
親が健在の間はずっと続けるのでしょうか。

 

これが当たり前のものの考え方だというのであれば、
親子そろって自業自得な結果になりそうですね。

 

知ったことではありませんが。

 

 

でも。
こういう話になるといつも思うのですが、
日本って今のところは20歳が「成年」ですよね。

 

成年という意味、どこに存在しているのでしょう。

 

成人式のためだけですか?
普段着つけないものを着てみっともないざまになるだけでなく、
わたしのような古い人間にはコスプレにしか見えない、
安っぽくて薄っぺらい姿を披露するイベントだけのためでしょうか。

 

 

人間て成熟していく楽しみを、
本来持っているはずなんですけれどもね。

 

それを奪っている最大の原因って、
子離れできない親の子育てにある気がしてなりませんね。

 


 
TOP プロフィール お問い合わせ 全記事一覧 お勧め教材